太陽光発電のデメリット

実際に太陽光発電を付けてみるとメリットデメリットはかなりわかりますので
この辺りは時間を取って解説していきますね。

 

 

まず大きなデメリットとして挙げられるのはやはり費用です。
販売店で値段が結構違いますので色々な販売店を比較し、最安値でつけることが必要ですが
これは無料一括見積もりを使えば簡単に差額が出ますので比較的クリア簡単にできます。

 

 

設置した後で気になるのは雨漏り、発電量、など様々ありますが今回は発電量を取り上げます。
発電効率が今1番いいといわれているのは東芝。
東芝のモジュールなら10年で元が取れる!といわれています。
 

家も東芝のモジュールを設置していますが効率が悪いモジュールを載せると
元を取るのに10年以上かかってしまったりということもあるでしょう。

 

10年で元が取れればそこから先は電気量が売電と買電が相殺できれば電気代が無料。
売電の方が上回れば利益が出るということになります。

 

デメリットとして心配なのは10年間は買取価格が今なら37円となっていますが
今後は少しづつ下がっていくといわれていますので売電か買うがいくらになってしまうのか?という事でしょう。

 

最終的には売電と買電が同額になってしまうのでは?とも聞いたことがありますが
万が一同額になっても利益は出にくいまでも電気代はかなり安くなりますのでまぁデメリットではないのかな?とも感じています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ