「未分類」の記事一覧

太陽光発電のリスク(故障)

太陽光発電のはモジュールによって発電しています。
当然、モジュールは屋根の上に置きっぱなしです。

 

晴れのばかりではありませんので雨に日も、風の強い日もあります。
当然故障のリスクもあります。

 

ただし太陽光発電には10年間の設置保証が付いていますので
10年以内の故障であれば保障内で修理、または交換していただけます。

 

我が家が契約した販売店は東芝のモジュールは10年間。
オプションで5年間延長でき、計15年間は保証が付きます。

 

15年以内にはモジュール代は完全にペイできますので
損するということはありません。

 

私が調べた限りでは平均25年くらいはイケるだろうという感じです。
25年も持てば万々歳ではないでしょうか?

 

 

太陽光発電のデメリット

実際に太陽光発電を付けてみるとメリットデメリットはかなりわかりますので
この辺りは時間を取って解説していきますね。

 

 

まず大きなデメリットとして挙げられるのはやはり費用です。
販売店で値段が結構違いますので色々な販売店を比較し、最安値でつけることが必要ですが
これは無料一括見積もりを使えば簡単に差額が出ますので比較的クリア簡単にできます。

 

 

設置した後で気になるのは雨漏り、発電量、など様々ありますが今回は発電量を取り上げます。
発電効率が今1番いいといわれているのは東芝。
東芝のモジュールなら10年で元が取れる!といわれています。
 

家も東芝のモジュールを設置していますが効率が悪いモジュールを載せると
元を取るのに10年以上かかってしまったりということもあるでしょう。

 

10年で元が取れればそこから先は電気量が売電と買電が相殺できれば電気代が無料。
売電の方が上回れば利益が出るということになります。

 

デメリットとして心配なのは10年間は買取価格が今なら37円となっていますが
今後は少しづつ下がっていくといわれていますので売電か買うがいくらになってしまうのか?という事でしょう。

 

最終的には売電と買電が同額になってしまうのでは?とも聞いたことがありますが
万が一同額になっても利益は出にくいまでも電気代はかなり安くなりますのでまぁデメリットではないのかな?とも感じています。

東芝の太陽光パネルはやっぱり人気!

今日は我が家の隣が何だか朝から騒がしい。
そういえば何日か前に工事しますのでよろしくお願いしますと連絡があったかな?

はいはい、と流してしまっていたので何の工事かはわからなかったのですが
どうやら太陽光発電を設置するみたいです!

しかもモジュールは東芝製ですね!!
やはり東芝は今人気NO1なんでしょう。

パネルが何枚載るかはわかりませんが同じ構造なので15枚か18枚。
もし家と同じ15枚ならば発電量のチェックができていいかも!

ちなみに私は隣の家の方とはお話したことは無いんですけどね…
もっぱら嫁さんにお願いすることになりそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ