「太陽光発電」タグの記事一覧

太陽光発電のリスク(故障)

太陽光発電のはモジュールによって発電しています。
当然、モジュールは屋根の上に置きっぱなしです。

 

晴れのばかりではありませんので雨に日も、風の強い日もあります。
当然故障のリスクもあります。

 

ただし太陽光発電には10年間の設置保証が付いていますので
10年以内の故障であれば保障内で修理、または交換していただけます。

 

我が家が契約した販売店は東芝のモジュールは10年間。
オプションで5年間延長でき、計15年間は保証が付きます。

 

15年以内にはモジュール代は完全にペイできますので
損するということはありません。

 

私が調べた限りでは平均25年くらいはイケるだろうという感じです。
25年も持てば万々歳ではないでしょうか?

 

 

太陽光発電の親から見たメリット

太陽光発電を設置したことで
子供達にもいい影響が出始めました。

 

普通は子供達って電気やテレビなどはつけっぱなし…というのが一般的。
我が家でも同じように電機などは付けっ放しでした。

 

ただ、太陽光発電を付けてモニターを見るようになってからは
子供達が「今日はいくつ発電した?消費はいくつ?」なんて関心を持つようになったんです。
IMG_0216

 

 

 

 

 

 

 

モニターは今の消費電力が出ますので
電気を付けたり消したりするだけで結構消費量が正確に出ます。

 

なのですべての電気を付けっ放しにして消費電力を確認した後に
全てを消灯して消費電力を確認すると結構違うんです。

 

それを知った子供達は自分から進んで電気消すようになりました^^
今ではたまに消し忘れる私が怒られるようになってしまってますw

 

まぁそんなに大きな金額が変わるだけではないですが
子供達がecoに興味を持ってくれたことは嬉しいです♪

 

太陽光発電の補助金26年度

太陽光発電の補助金は平成26年度からなくなります。
詳しくはhttp://www.j-pec.or.jp/を確認して下さい。

 

補助金の打ち切りはモジュールの一定の普及が終わり、
価格の下落があるので補助金なしでも問題ということでしょう。

 

消費税のアップに補助金の打ち切りは結構大きいですが
一昔前に太陽光発電を始めた人よりはかなり安くモジュールを購入できますので
補助金なしでも10年間で楽に元が取れるでしょう。
これは今月の電気代です。5407
昼間の電力も消費しますので電気代は安くなります。
IMG_0221

 

 

 

 

 

 

 

こちらは売電の金額です。18,202円

IMG_0222
 

 

 

 

 

 

 

18,202円-5,407円で12,795円のプラスとなります。
我が家の場合はローンですので13,000円を払いほぼチャラ。

 

ほぼ電気代が0円の状態です。
これなら補助金なしでも10年間で元が取れるのも現実味ありますよね?

 

太陽光発電は初期投資も0で始められますので
それは補助金なしでも同じですので安心して太陽光発電を始められますよ♪

 

太陽光発電の見積もり方法はこちらのページを参考にしてください。

 

5月は太陽光発電の季節!

今日の名古屋は非常にいい天気でいた。
東芝のモジュールも頑張って発電してくれました!!

 

 

IMG_0216

 

発電 24.4kwh
売電 20.7kwh
売電価格は20.7×@38円ですので786円です。
これが1ヶ月続けば780×30で23,000円。

 

毎日晴天なら今のままでも電気代とローン代とまかなえますね^^
まぁ実際は雨や曇りがあるので、そううまくはいかないのですが…

 

IMG_0217
こう見ると雨の日は一目でわかりますね。
5月は1年の中でもかなり多く発電すると聞いていますので
雨は夜降って、昼間は晴天になってほしい(笑)

太陽光発電のデメリット

実際に太陽光発電を付けてみるとメリットデメリットはかなりわかりますので
この辺りは時間を取って解説していきますね。

 

 

まず大きなデメリットとして挙げられるのはやはり費用です。
販売店で値段が結構違いますので色々な販売店を比較し、最安値でつけることが必要ですが
これは無料一括見積もりを使えば簡単に差額が出ますので比較的クリア簡単にできます。

 

 

設置した後で気になるのは雨漏り、発電量、など様々ありますが今回は発電量を取り上げます。
発電効率が今1番いいといわれているのは東芝。
東芝のモジュールなら10年で元が取れる!といわれています。
 

家も東芝のモジュールを設置していますが効率が悪いモジュールを載せると
元を取るのに10年以上かかってしまったりということもあるでしょう。

 

10年で元が取れればそこから先は電気量が売電と買電が相殺できれば電気代が無料。
売電の方が上回れば利益が出るということになります。

 

デメリットとして心配なのは10年間は買取価格が今なら37円となっていますが
今後は少しづつ下がっていくといわれていますので売電か買うがいくらになってしまうのか?という事でしょう。

 

最終的には売電と買電が同額になってしまうのでは?とも聞いたことがありますが
万が一同額になっても利益は出にくいまでも電気代はかなり安くなりますのでまぁデメリットではないのかな?とも感じています。

太陽光発電のパワコンの音

太陽光発電にはパワーコンディショナーの設置が必要となります。
通称パワコンといいますがモジュールで発電した電気を変圧器?だったかな?を通って
パワコンに送りパワコンで自宅で利用できる電圧に変換しています。

以前はこのパワコンが外についていて壊れやすいとの声もありましたが
東芝は室内に設置して、保証も10年あります。

室内についているのといないのでは寿命もかなり差がありますよね。
恐らく東芝だけでなく他のメーカーでも室内に付けるタイプもあると思いますが
この辺りはみんな気にしないとろですので設置前にはしっかりと確認した方がいいでしょう。

私が見積もりを取ったところでも浴室に付けても大丈夫という業者もいれば
浴室は湿気が多いので設置できませんという業者もいました。

1番いいのは湿気がなく風通しのいい場所がいいのですが
リビングに置いても外観や音の問題もありますのでやはり浴室に置きたいというのがユーザーの本音でしょう。

私の家では結局、浴室に置きました。
もちろん浴室でも保証してくるとの確認はしました。

IMG_8049

ブレーカーも必要です

IMG_2247

大きさもそれほど大きくないので生活に支障は全くありません。
音は発電中の昼間はビィ~~~~と小さな音がなります。

一応動画を取りましたがスマホですので小さな音は拾っていませんね…
時間があるときにマイク使って音も拾ってみます。

さすがにリビングに置いてもテレビなど付けていれば気にならないと思いますが
静かに本などを読んでいる場合には気になる方もいるでしょうという感じです。
夜は発電しないので音はしません。

知恵袋などでもリビングに置いたら子供が気になってしまって…という場合がありましたので
モジュールの事だけでなくパワコンの設置場所もしっかりと確認して下さいね。

 

 

>>太陽光発電の最安値価格はこちらで無料で調べられます

●利用者数100万人突破

●月間利用者No.1
タイナビを利用して良かった人91.2%!!

●タイナビがテレビで紹介されました。

●対応エリアは全国
(施工業者数は約280社になります)

私も利用して最安値業者を探せました

雪の日の太陽光発電の発電量(東芝250w)

昨日は関東では大雪だったみたいですね。
私が住んでいる愛知県でも雪が結構振りました。

 

さすがにこんな日はモジュールに雪が積もって発電しないかな~って思っていましたが
コンパネは動いてました。

IMG_7842

 

動いていたは動いていたのですが発電が0.3kWhとほとんどなしですね^^;
さすがに雪が積もっては動いただけでもよしとしましょう。

 

変わって今日はいい天気!モジュールに雪が残っていないか心配でしたが
そんな心配もよそに今日はしっかりと発電してくれました^^

IMG_5101

 

雪の日の次の日は反射でよく発電するのかな?
11時台で3kWhの発電でしたので今日はたくさん発電するかと思ったら
お昼過ぎから少し曇りましたね。

 

まぁ2月はこんなもんでしょう!
はやく3・4月になってほしいです。

太陽光発電のシュミレーション

太陽光発電を設置する前に発電のシュミレーションをしてもらいます。
IMG_1229
各メーカーでシュミレーションソフトがありますので
屋根の向き、角度、モジュールを載せる枚数で大体の発電量がわかります。

シュミレーションは少し少なめに見積もっていますので
実際にはシュミレーションよりも多く発電すると思っていいそうですよ。

私の場合はモジュールを15枚載せられるか18枚載せられるかギリギリのラインでした。
一方の業者は「18枚たぶん乗ります」
もう一方は「絶対に18枚は無理です」…

結局18枚載りますよと言ってきた業者は営業マンが生意気だったんで断りました。
値段的にはそっちの業者が安かったのですが安心して任せられないと思ったので^^;

契約した業者はシュミレーションでも丁寧に説明してくれましたし
資料を何度も作り直してくれて非常にわかりやすかったので
メリットやデメリットもしっかり理解できました。

IMG_0165

営業マンが来るっていうと面倒かもしれませんが
しっかりしたソフトでシュミレーションしないと
あなたが思い描いていた発電量とは差が出てしまうかもしれません。

最近はしつこい営業も無くあっさり帰っていきますので
まずはしっかりとしたメーカー純正のシュミレーションソフトで見積もってもらいましょう!
 

 

>>太陽光発電の最安値価格はこちらで無料で調べられます

●利用者数100万人突破

●月間利用者No.1
タイナビを利用して良かった人91.2%!!

●タイナビがテレビで紹介されました。

●対応エリアは全国
(施工業者数は約280社になります)

私も利用して最安値業者を探せました

冬場1月晴天の発電量

本日は昨日とは打って変わっての晴天となりました!
絶好の発電日和となったのでしょうか?

 

昼12時をピークに順調に発電してくれました。
発電17.1kWh に対し売電14.9kWh

 

冬場の発電は日照時間も短いですのでこれくらいですかね?
まだまだ始まったばかりですので楽しみながらソーラーパネルでecoライフを楽しみたいと思います^^

あなたも始めてみせんか?

 

>>太陽光発電の最安値価格はこちらで無料で調べられます

●利用者数100万人突破

●月間利用者No.1
タイナビを利用して良かった人91.2%!!

●タイナビがテレビで紹介されました。

●対応エリアは全国
(施工業者数は約280社になります)

私も利用して最安値業者を探せました

東芝※太陽光発電の見積もり

今や太陽光発電の中でも圧倒的人気の東芝の太陽光発電
人気の秘密は最大出力250w・変換効率20.1%というモジュールの能力でしょう。

私も実際に東芝の太陽光発電を付けています^^
もしあなたも東芝の太陽光発電に興味があって見積もりを取ってみようかなとお考えであれば

 

必ず相見積もりをしてください

 

東芝の太陽光発電を販売している業者はたくさんありますが、
中にはあくどい販売業者もいて相場よりもかなり高く売りつけることがあります。

そういう業者に限って設置工事もいい加減なもの…

ですので必ず複数社から相見積もりをもらって
信頼できる業者を選ぶようにしてくださいね^^

相見積もりを取ることで価格も安くなりますからこれも嬉しいですよね!
東芝の太陽光発電の見積もりは

■ 安心して工事を任せられる

■ 最安値で設置できる業者が見つけられる

が見つかる無料一括見積もりを利用しましょう。

 

>>私が使った一括見積もりサイトはこちらです

太陽光発電※東芝の相場

TOSHIBAの太陽光発電の相場は1KWあたり35万~というのが一般的なようです。
実際に私もネットの一括査定で見積もりをもらってみましたが35万~40万でした。

 

最安値店では1KW・35万円の提示がありましたが
私が選んだ業者は38万円の業者。

 

なぜこの業者を選んだかといえば大まかに2点。

 

設置保証が15年ついていたこと

営業マンが凄く丁寧で話が分かりやすかったこと

 

 

設置保障とは雨漏りなど設置の際の補償です。
雨漏りなどは気付くのが遅れる場合もありますのでなるべく設置の補償は長い方が安心できるかなと考えていましたので、設置保証15年は嬉しいですよね。

営業マンに関しては丁寧な人もいれば多少上から目線の人もいました。
大切な家を工事するのですから安心して任せられる業者にお願いしたいのは当然。

 

会社を代表してくるのが営業マンですから
営業マンの態度次第では相場より安くてもお願いしない方がいいでしょう。
必ずあなたの家の工事を任せられる営業マンを選びましょう。

 

 

実施に私の家では最安値の販売店ではなく、それよりも少し高い業者で東芝の太陽光発電を設置しましたが見積もりから設置までかなりスムーズで丁寧に対応してくださいました。

 

ネットの一括査定を使えば大体の業者は相場の値段を出してきますので
わかりやすく丁寧に説明をしてくれて人当たりのいい営業マンにお願いすれば
双方が円満に取引できると思いますよ♪

>>一括査定はココがおススメです

サブコンテンツ

このページの先頭へ